【結果が悪かった時の罰を設定するのは脅迫と同じ】

それでやる気になる人はいるでしょうか?

怖くて『やる子』はいるかもしれませんが、『やる気になる子』はいないでしょう。子供だけでなく大人だって、誰もいないと思います。『ただやる事』と『やる気を出してやる事』は全く違う結果を生みます。それ以降の定着率にも大きな違いがあることでしょう。

『やる気を出してほしい』という親の気持ちはあるものの、そのやる気を無くさせているのも親なのかもしれません。全てが子供の責任ではないという事。常に心に留めて冷静に、今子供のために何が必要なのか、どういう言葉をかけてあげるべきなのかを考え一緒に成長していくという気持ちがあれば、明るい将来が見えるのだと思います。

【勉強は子供任せではいけない時代】なのです。