【諦めるなんて言うなよ。まだ何もやってないだろう?】

こういうう事を言う生徒が多くいます。『諦める・・・』

私の中で【諦める】とは、それ相応の努力を惜しまず続けてきた人が【諦めることができる】わけで・・・何もしていない人には諦める資格すらないと感じます。

何もしていなければできないのは当たり前のことであり、やった人はやっただけの成果を得られる。これは全ての人が平等だと私は思います。ただし、積み重ねにより経験値が違うので、物覚えに多少の差がでたり学力に差が出てくるのはそれが原因なのです。

【誰だってやればできる】

私はそう思います。

入試に関しても【やった生徒が合格し、やらなかった生徒が落ちる】ただそれだけのことです。普段の成績がいい子が合格し、悪い子が落ちるというわけではありません。普段の成績との逆転現象はよく起こりえます。

目標があるなら、行きたい学校があるなら必死になってやってみてください。