江東区の中学生のうち、受験する方が多い東京都立高校の旧第6学区の高校をメインに情報を載せております。

当塾では、その他の高校を志望する受験生ももちろんフォロー致します。

 

【2018年入試スケジュール】

【都立・推薦入試】    ⇒推薦入試概要

推薦入試願書受付日

1月23日(火)

推薦入試

1月26日(金)・1月27日(土)

推薦入試合格発表

2月1日(木)

【都立・一般入試】

一般入試願書受付日

2月6日(火)・2月7日(水)

一般入試

2月23日(金)

一般入試合格発表

3月1日(木)

【都立・二次募集/分割後期】

二次募集/分割後期願書受付日

3月6日(火)

二次募集/分割後期入試

3月9日(金)

二次募集/分割後期合格発表

3月15日(木) 

【学校名】東京都立城東高校

【住所】〒136-0072 東京都江東区大島3-22-1

【ホームページ】http://www.joto-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【51】

地域上位校の【城東高校】は文武両道の人気校。地元や近隣の区からも多くの支持を得ています。近年では国公立大学への進学率も上昇させ、人気の都立高の一つである。

【入試データ】

合格ラインは780点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

オール4だと仮定すると内申換算点は240点。

当日必要点数は540点。1教科あたり78点必要な計算になる。

【対策】

1教科でも苦手科目があると致命的。得意教科はできるかぎり点数を稼ぐ必要がある。

単純ミスが多いようでは合格するのは困難だ。普段からミスをしない事はもちろん、ミスを見逃さない見直しの癖を身につけておく必要がある。

【学校名】東京都立江戸川高校

【住所】〒132-0031 東京都江戸川区松島2丁目38番1号

【ホームページ】http://www.edogawa-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【48】

ここ数年募集人員を増加させて、受験者数も増加、倍率も上昇している人気校だ。国公立大学への進学に加え有名私大への進学もあり。’13より都の進学指導推進校に再指定された注目校の一つだ。

【入試データ】

合格ラインは710点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が35だと仮定すると内申換算点は230点。

当日必要点数は480点。1教科あたり70点必要な計算になる。

【対策】

とにかく各教科の基礎固めが重要。各教科68点という数字は基礎問題を落とさなければクリアするのはさほど難しくは無い。

【学校名】東京都立深川高校

【住所】〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目32番19号

【ホームページ】http://www.fukagawa-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【45】

近年は8割近くが大学進学を果たしている。普通科は毎年1.5倍の倍率を、英語コースは女子に人気で1.8倍の高倍率になっている。同地区城東高校回避組も受験する為注意が必要。

【入試データ】

合格ラインは690点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が35だと仮定すると内申換算点は230点。

当日必要点数は460点。1教科あたり66点必要な計算になる。

【対策】

66点という数字は当日のテスト傾向からして、基礎問題のみを全て正当するだけでクリアできる数字。

国は読解力、英は単語力、数学は計算力、理・社は暗記力を養う事が必須。

【学校名】東京都立東高校

【住所】〒136-0074 東京都江東区東砂7-19-24

【ホームページ】http://www.higashi-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【43】

毎年、倍率の上下が激しいのが特徴。’15年は倍率が高かったため、’16年は下がる可能性が高い。更に募集人員減少で避ける可能性が高いか。

【入試データ】

合格ラインは630点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が32だと仮定すると内申換算点は210点。

当日必要点数は420点。1教科あたり60点必要な計算になる。

【対策】

  単純ミスが致命的になりかねない。普段からの見直しの習慣を身につけ、苦手教科はなくすように努力する必要がある。

【学校名】東京都立本所高校

【住所】〒131-0033 東京都墨田区向島3-37-25

【ホームページ】http://www.honjo-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【43】

毎年女子の倍率は高く人気の学校。男子の倍率がここ2年低いことから’16年は注意が必要だ。

【入試データ】

合格ラインは620点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が33だと仮定すると内申換算点は220点。

当日必要点数は400点。1教科あたり57点必要な計算になる。

【対策】

 単純ミスが致命的になりかねない。普段からの見直しの習慣を身につけ、苦手教科はなくすように努力する必要がある。

【学校名】東京都立小岩高校

【住所】〒133-0044 東京都江戸川区本一色3丁目10番1号

【ホームページ】http://www.koiwa-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【43】

’13年の校舎改修、’15年のグラウンド改修により’12年より倍率上昇。この人気はもうしばらく続く事が予想される。併せて深川・東・本所からの回避組も想定し注意が必要である。

【入試データ】

合格ラインは590点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が32だと仮定すると内申換算点は210点。

当日必要点数は380点。1教科あたり55点必要な計算になる。

【対策】

 各教科の基礎レベルをマスターして、得意科目を伸ばす努力を。

【学校名】東京都立紅葉川高校

【住所】〒134-8573 東京都江戸川区臨海町2-1-1

【ホームページ】http://www.momijigawa-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【40】

27年度は募集人員増加。進学の傾向が高い。

【入試データ】

合格ラインは560点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が29だと仮定すると内申換算点は190点。

当日必要点数は370点。1教科あたり53点必要な計算になる。

【対策】

わからない問題に時間を費やす必要はない。わかる問題をこなして点数をかき集める方法でクリア可能。

【学校名】東京都立葛飾野高校

【住所】〒125-0061 東京都葛飾区亀有1-7-1

【ホームページ】http://www.katsushikano-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【38】

最寄駅から少々離れている為に郊外からはやや通学に難有り。入試倍率は安定して低倍率の為狙い目。

【入試データ】

合格ラインは500点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が30だと仮定すると内申換算点は198点。

当日必要点数は302点。1教科あたり43点必要な計算になる。

【対策】

わからない問題に時間を費やす必要はない。わかる問題をこなして点数をかき集める方法でクリア可能。

【学校名】東京都立篠崎高校

【住所】〒133-0063 東京都江戸川区東篠崎1丁目10番1号

【ホームページ】http://www.shinozaki-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【37】

江戸川沿いの緑豊かな環境に囲まれた立地。例年1.3倍前後に倍率は安定している。最寄駅から少し離れている為一部敬遠されがち。

【入試データ】

合格ラインは490点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が27だと仮定すると内申換算点は180点。

当日必要点数は310点。1教科あたり45点必要な計算になる。

【対策】

わからない問題に時間を費やす必要はない。わかる問題をこなして点数をかき集める方法でクリア可能。

【学校名】東京都立葛西南高校

【住所】〒134-8555 東京都江戸川区南葛西1-11-1

【ホームページ】http://www.kasaiminami-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【33】

’14年、’15年と倍率が低かったことから’16年は注意が必要。

【入試データ】

合格ラインは440点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が26だと仮定すると内申換算点は170点。

当日必要点数は270点。1教科あたり39点必要な計算になる。

【対策】

基礎問題だけで十分対応可能。基礎だけでも数・理は50点以上の獲得が可能なので困難では無い。

【学校名】東京都立南葛飾高校

【住所】〒124-0012 東京都葛飾区立石6-4-1

【ホームページ】http://www.minamikatsushika-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【31】

キャプテン翼の【南葛】のモデル校で毎年高倍率の人気校。新校舎が28年に完成予定ということもあり、この先数年は更に高倍率が続く可能性有り。

【入試データ】

合格ラインは390点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申が25だと仮定すると内申換算点は166点。

当日必要点数は224点。1教科あたり32点必要な計算になる。

【対策】

基礎問題だけで十分対応可能。基礎だけでも数・理は50点以上の獲得が可能なので困難では無い。

【学校名】東京都立科学技術高校

【住所】〒136-0072 東京都江東区大島1-2-31

【ホームページ】http://www.st-h.ed.jp/

最低換算内申【41】

スーパーサイエンスハイスクール指定校として先進機器を整備。

【入試データ】

合格ラインは640点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申32だと仮定すると内申換算点は210点。

当日必要点数は430点。1教科あたり61点必要な計算になる。

【対策】

特殊な高校の為幅広い層が受験してくるため油断禁物。

理数系以外の国社の成績がカギを握る。

【学校名】東京都立晴海総合高校

【住所】〒104-0053 東京都中央区晴海1-2-1

【ホームページ】http://www.harumisogo-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【45】

開校20年。年々人気を増す当校。

【入試データ】

合格ラインは630点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申33だと仮定すると内申換算点は220点。

当日必要点数は410点。1教科あたり59点必要な計算になる。

【対策】

募集枠に男女の区別が無い為例年女子の方が合格率は高い。

男子の受験の場合は成績に余裕をもって受験する事。

【学校名】東京都立芝商業高校

【住所】〒105-0022 東京都港区海岸1-8-25

【ホームページ】http://www.shibashogyo-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【39】

都内商業科の中でも最上位に位置する。

【入試データ】

合格ラインは540点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申30だと仮定すると内申換算点は200点。

当日必要点数は340点。1教科あたり49点必要な計算になる。

【対策】

倍率は高くはないものの苦手科目が命取りになりかねない。

直前期までに少しでも苦手意識の克服を。

【学校名】東京都立江東商業高校

【住所】〒136-0071 東京都江東区亀戸4-50-1

【ホームページ】http://www.kotoshogyo-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【37】

最先端校舎が人気を呼んでいる。

【入試データ】

合格ラインは520点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申29だと仮定すると内申換算点は190点。

当日必要点数は330点。1教科あたり47点必要な計算になる。

【対策】

各教科基礎問題の徹底で十分勝負できる範囲。

時間配分と解ける問題解けない問題の判断できるようにする事。

【学校名】東京都立第三商業高校

【住所】〒135-0044 東京都江東区越中島3丁目3番1号

【ホームページ】http://www.daisanshogyo-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【35】

新校舎が人気を呼んでいる。

【入試データ】

合格ラインは440点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申27だと仮定すると内申換算点は180点。

当日必要点数は260点。1教科あたり38点必要な計算になる。

【対策】

各教科基礎問題の徹底で十分勝負できる範囲。

時間配分と解ける問題解けない問題の判断できるようにする事。

【学校名】東京都立墨田工業高校

【住所】〒135-0004 東京都江東区森下5-1-7

【ホームページ】http://www.sumida-th.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【29】

通学の便が良い。在学中の資格取得数の多さが特徴。

【入試データ】

合格ラインは440点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申24だと仮定すると内申換算点は160点。

当日必要点数は280点。1教科あたり40点必要な計算になる。

【対策】

各教科基礎問題の徹底で十分勝負できる範囲。

時間配分と解ける問題解けない問題の判断できるようにする事。

【学校名】東京都立葛西工業高校

【住所】〒132-0024 東京都江戸川区一之江7-68-1

【ホームページ】http://www.kasaikogyo-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【29】

企業と協力し数カ月企業で働く【デュアルシステム】が特徴。

【入試データ】

合格ラインは420点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申24だと仮定すると内申換算点は160点。

当日必要点数は260点。1教科あたり37点必要な計算になる。

【対策】

各教科基礎問題の徹底で十分勝負できる範囲。

時間配分と解ける問題解けない問題の判断できるようにする事。

【学校名】東京都立橘高校

【住所】〒135-0004 東京都墨田区立花4-29-7

【ホームページ】http://www.tachibana-h.metro.tokyo.jp/

最低換算内申【33】

日本初の産業科。年々人気上昇で偏差値も上昇中。受験の際は余裕を持って受験する事をお勧めします。

【入試データ】

合格ラインは420点

(1,000点満点/当日テスト700点・内申300点)

内申27だと仮定すると内申換算点は180点。

当日必要点数は240点。1教科あたり34点必要な計算になる。

【対策】

各教科基礎問題の徹底で十分勝負できる範囲。

時間配分と解ける問題解けない問題の判断できるようにする事。